• SGHR-0776
ガラスのモビール〈声〉 予約
ガラスのモビール〈声〉 予約
ガラスのモビール〈声〉 予約
ガラスのモビール〈声〉 予約
ガラスのモビール〈声〉 予約
ガラスのモビール〈声〉 予約
ガラスのモビール〈声〉 予約
ガラスのモビール〈声〉 予約
ガラスのモビール〈声〉 予約
ガラスのモビール〈声〉 予約
ガラスのモビール〈声〉 予約
※第一期のご注文受付は、10月15日(土)までです。

グラフィックデザイナー大原大次郎さんが描いた「声」のドローイングをもとに、職人・松浦が吹きガラスでさまざまな形状や表情のパーツに起こしていくセッションを経て生まれた、「ガラスのモビール〈声〉」。
お部屋などの空間に吊るして楽しむモビールが、この度ガラスの〈声〉となって、ひとつの形になりました。

空間に溶けこむ、ガラスの声

流線形の細く繊細な、形の異なる2つの筒状のガラスと、小さな宝石のように光を浴びてきらきらと煌くガラスの粒の、3つのパーツでつくられています。絶妙なバランスで繋がれた〈声〉を、天井などから吊るし、静かに揺れたり旋回する様を、ゆっくりくつろぎながらお楽しみください。

ひとつひとつ大切に、心をこめて

ガラスのパーツは、フリーハンドで職人が手づくりしています。また、パーツ同士をテグスで結ぶ作業も、ひとつひとつ丁寧におこなっています。そのため、サイズや形状、連結のテグスの長さなどに個体差が生じますが、その違いも風合いのひとつとしてお楽しみいただければと思います。

箱から開けて、すぐに楽しめる

  モビールは組み立てられた状態なので、箱から出してすぐに吊るすことができます。セットされている紙製の糸巻には、吊るす場所に合わせて長さを調節できるよう、最大90cm のテグスを巻き付けています。
糸巻には小さな穴が開けられており、S 字フックに引っ掛けたり、ピンで刺して留めることもできます。

白い箱にしつらえて

大原さんがデザインされた〈声〉の箔押しが施された、白を基調としたシンプルなデザインの箱に入れてお届けします。吊るしていないときにも大切に仕舞っておけるように。  

永く安心してお使いいただくために

ガラスという繊細な素材のモビールだからこそ、万が一落として割れてしまったときのために、 CLUB SGHR PLUS+へのご入会をお勧めいたします。

通常の Club Sghr メンバーシップ(入会費有)に年会費を追加していただくと、CLUB SGHR PLUS+にご入会以降お買い物いただいた製品に関しては、購入後6か月以内の破損は同じ製品と交換いたします。

CLUB SGHR PLUS+にご入会を希望される場合は、カートに入れる前に、オプション「CLUB SGHR PLUS+のご入会」にて「入会する(有料)」をご選択ください。ご注文後に、年会費(またご入会費)の追加請求の方法やお手続きの詳細を、サポートセンターよりご連絡いたします。

詳しくはこちらの「(2) CLUB SGHR PLUS+(特別会員)」をご覧ください。
※壊れた製品・箱はご返却をお願いしています。

予約販売について

「ガラスのモビール〈声〉」は、Sghr オンラインショップにて予約販売をいたします。 ご注文をいただいてからお作りしますので、お届けは10月以降を予定しております。(製造状況によりお届けに遅れが生じる場合がございます。)
※第一期のご注文受付は、10月15日(土)までです。


〈セット内容〉
・モビール
素材 ガラス
サイズ モチーフ:約150×220 / テグスの長さ 最長900(mm)
・糸巻
素材 紙
※モビールにセットされています。
・栞
・専用ボックス (ボックスサイズ193×274×59H)

〈ご注意事項〉
※糸が絡まる恐れがありますので、屋外や風の強い場所への設置は避けてください。
※モビールは自重に耐えられる箇所に設置をしてください。
※小さなお子様の手の届かない場所に設置をしてください。
※他製品とあわせてご注文の場合、本製品とは別送となります。
※到着希望日は出荷日ご連絡後のみ承れます。
※代金引換はご利用いただけません。
※ギフトラッピング、複数の製品とまとめての包装が出来かねますこと、予めご了承くださいませ。

「ガラスのモビール〈声〉」をより深く楽しんでいただくために、WEB サイトにて特設ページを公開しています。
「ガラスのモビール〈声〉」のページはこちら

また、スガハラショップ青山にて特設スペースを設け、「ガラスのモビール〈声〉」を実際にご覧いただくことができます。(※現在展示は終了しております。)
ぜひそちらもあわせてお楽しみください。

大原 大次郎(おおはら だいじろう)
1978年神奈川県生まれ。グラフィックデザイナー。タイポグラフィを基軸としたデザインワークや映像制作に従事するほか、展覧会、ワークショップ、フィールドワークなどを通して、言葉や文字の新たな知覚を探るプロジェクトを多数展開する。近年のプロジェクトに、重力を主題としたモビールのタイポグラフィシリーズ〈もじゅうりょく〉、ホンマタカシによる山岳写真と登山図を再構築したグラフィック連作〈稜線〉、音楽家・蓮沼執太、鴨田潤と共に構成する音声記述パフォーマンス〈TypogRAPy〉などがある。

https://oharadaijiro.com

  • SGHR-0776

ガラスのモビール〈声〉 予約

¥28,600(税別 ¥26,000
獲得ポイント:260

CLUB SGHR PLUS+のご入会

メッセージカード

※ギフトラッピングをご希望の場合は、包装個数分のラッピングチケットをご購入ください。

※ギフトセットはラッピングされますが、熨斗がけにはチケットの購入が必要です。ご希望の場合、上記「ラッピングチケットを購入」から「ギフトセット [GIFT] 熨斗がけ / 110円」を追加してください。

※手提げ袋/メッセージカードを追加する場合にも、各アイテムのご購入が必要です。こちらも上記リンクからご購入いただけます。

ギフトラッピングについてはこちらから。

品 名  ガラスのモビール〈声〉 予約
品 番  SGHR-0776
サイズ  モビール本体 約150×220